接待問題 12人が倫理規程違反か 菅首相が陳謝


菅首相は、総務省の接待問題で、初めて国会で陳謝した。

菅首相「私の長男が関係して結果として、公務員が倫理法に違反する行為をすることになった。心からおわびを申し上げ、大変申し訳なく思います」

衛星放送関連会社に勤める菅首相の長男らから、総務省幹部が繰り返し接待を受けていた問題で、初めて国会で陳謝した菅首相。

総務省は22日、国会に調査結果を提出。

その1つが、「倫理規程に違反する疑いがある会食一覧」と題された資料。

そこには、幹部職員の実名や1人あたりの飲食単価などが示されていた。

接待を受けた職員は、すでに明らかになっている4人を含め12人で、回数にして、延べ38回に及んでいた。

立憲民主党・奥野議員「これだけ多くの会食が明らかになったことについて、責任は感じている?」

谷脇総務審議官「私自身、責任を感じているところでございます」

接待金額が最も多かったのは、総務審議官の谷脇氏で4件、11万8,439円。

さらに、現在菅政権で総理会見の司会などを務める女性初の内閣広報官・山田真貴子氏も総務審議官を務めていた2019年11月、首相の長男側から、1人、7万4,000円を超える接待を受けていたことが明らかになった。

その山田氏は、接待を受けた際、「放送業界全体の実情に関する話はあったかもしれない」とコメント。

そのうえで、「行政をゆがめるような不適切な働きかけはなかった」としている。

菅首相「私は長男が東北新社に入社するとき、総務省との関係について、距離をおいて付き合うよう、最初に言ったことを覚えている」

総務省は、これまで明らかになっていた幹部4人とあわせ12人に、規程違反の会食が疑われるとしたうえで、衛星放送行政上の利害関係を考慮して、このうち11人、延べ37件を違反とし、処分と合わせて24日、人事院に報告するという。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース