天皇陛下 きょう61歳に 祝賀行事は規模大幅縮小


天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎えられた。

記者会見で、陛下は「忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」とコロナ禍に直面する国民に心を寄せられた。

天皇陛下「今しばらく、国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」

記者会見は、アクリル板を設置して行われ、陛下は、「暮らしの隅々に注意を払う生活にはストレスを感じる方も多いと思います。皆さんお一人お一人が、人知れず続けている努力を多といたします」と、自粛生活が続く人々を気遣われた。

感染症の影響で直接触れ合うことが難しい中、陛下は皇后さまとともに、即位後初めてビデオメッセージを公表したり、オンラインによる活動を重ねた1年を振り返り、困難な状況にある人たちに寄り添うことは、「2人の自然な気持ちであるとともに、皇室としての大事な務め」と述べられた。

一方、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまの結婚についての質問には、「国民の間でさまざまな意見があることは、私も承知しております」としたうえで、「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べられた。

23日は、感染状況を考慮し、一般参賀は行われず、宮殿での祝賀行事は規模を大幅に縮小して催される。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース