「サンマ」を守れるか? 漁獲枠削減目指す


サンマの記録的な不漁が続く中、資源管理について話し合う国際会議が始まった。

23日から始まった国際会議は、日本・中国・台湾・ロシアなど8つの国と地域が参加し、オンライン形式での開催となった。

日本のサンマの漁獲量は、2年連続で過去最低を更新となり、記録的な不漁が続いている。

2019年に行われた前回の会議では、サンマの漁獲枠が初めて設けられたが、日本はさらに漁獲枠を削減し、資源管理の強化を図りたい考え。

会議は25日まで開かれる。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース