アメリカ死者50万人超え バイデン氏「悲痛な節目」

国際


新型コロナウイルスによるアメリカ国内の死者数が、50万人を超えた。

アメリカ・バイデン大統領「きょう、われわれは非常につらく、悲痛な節目に達した。50万71人が死亡した」

ホワイトハウスには50万人の死者を象徴する500本のろうそくが飾られ、バイデン大統領は、追悼式典で黙とうをささげた。

また、バイデン大統領は、「第1次、第2次世界大戦と、ベトナム戦争をあわせたアメリカ人の死者数より多い」と強調し、国民に向け、団結を呼びかけた。

アメリカではここ数週間、新たな感染者は減少傾向にあるが、6月までに、さらに9万人が死亡するとの分析もある。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース