突然シカが... 衝突事故多発 和歌山南部 3年で49件


動物と車の衝突事故が相次いでいる。

夜道を走る車。
突然現れたのは、シカ。

飛び出してきたシカをよけきれず、衝突してしまった。

和歌山県南部を走る国道42号線では、動物との衝突事故が相次いでいて、3年間で49件発生している。

事故が発生する時間は、見通しの悪くなる夕方から夜間が多く、車が大破するおそれもあり、警察が注意を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース