タクシー運賃 変動制 政府が容認へ


タクシー運賃を天気や時間帯に応じて変動させる制度について、政府が認める方向で検討に入った。

きっかけの1つは、2020年の「Live News イット!」での発言。

河野規制改革相(2020年12月)「需給に応じて料金を変えることがもっと自由にできれば、タクシーの需要を喚起することができる」

河野規制改革担当相の要望を受け、22日の規制改革推進会議で、国土交通省が制度を認める方向で検討することを明らかにし、河野大臣も早期の実現を指示した。

また、現在のメーター制ではなく、GPSで距離を測る「ソフトメーター」も導入する方向で検討に入った。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース