独特すぎ! オレンジ収穫法 どうやって? 驚きの発明

国際


大量のオレンジが、次から次へと大きな傘の中へ入っていく。

この様子が見られたのは、スペイン・バレンシア。

毎年恒例の収穫日に出動したのは、スペインで今話題の収穫機。

時間短縮、効率的なこの機械。

仕組みは、まずトラクターについているバイブレーション機能のある機械を木の幹に挟む。

傘を開いて周りをがっちり囲ったらスイッチオン。

木全体を小刻みに揺らし、オレンジを一気に収穫できるという。

傘に入らなかったオレンジや落ちなかったものは手作業で。

街中の細い道路を大きな収穫期が進んでいく。

バレンシアといえば、オレンジで有名な街。

およそ1万2,000本ものオレンジの木があり、毎年350トンから400トンが収穫されている。

しかし、街中になっているオレンジは、飾りとして植えられているもの。

苦いので人が食べず、肥料を作る材料になるということだが、こんなところにもイノベーションの波が寄せている。

(FNNプライムオンライン2月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース