天皇陛下 61歳の誕生日 規模縮小で祝賀行事


天皇陛下は61歳の誕生日を迎えられ、皇居・宮殿では、規模を大幅に縮小して祝賀行事が行われた。

23日午前10時すぎ、陛下は、皇后・雅子さまとともに皇居に入られた。

天皇誕生日恒例の一般参賀は、新型コロナウイルス感染状況を考慮し、2020年に続き見送られ、宮殿の松の間では、規模を縮小して祝賀の儀が行われた。

菅首相ら、三権の長などが順番にあいさつし、陛下は「くれぐれも、お体にお気をつけてお仕事をお続けください」などと述べられた。

天皇陛下「この1年は、コロナ禍に翻弄(ほんろう)されてきました。今しばらく、国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」

誕生日に先立ち行われた記者会見では、初めてアクリル板が設置され、陛下は、「皆さんお1人おひとりが、人知れず続けている努力を多といたします」と、自粛生活を続ける人々を気遣い、感染収束を願う気持ちを表された。

2021年に成人を迎える長女の愛子さまについては、大学のオンライン授業に意欲的に取り組む様子をそばで見る機会があり、「少し頼もしくなった」とも明かされた。

一方、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまの結婚についての質問には、「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況になることを願っております」と述べられた。

(FNNプライムオンライン2月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース