ワクチン供給量「半分以下も」 アストラゼネカ側がEUに

国際


アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、EU(ヨーロッパ連合)への供給量が、合意を大幅に下回る可能性があると現地メディアが報じた。

ロイター通信は23日、EUがアストラゼネカと合意していた2021年4月から6月の供給量、1億8,000万回分のワクチンについて、その後の協議でアストラゼネカ側が、半分の9,000万回分以下しか供給できない可能性があると伝えたと報じた。

EUは3月末までの供給量をめぐっても、アストラゼネカが契約通りに供給できないと通告してきたことから激しく反発していた。

FNNの取材に対して、アストラゼネカは「全力で作業を行っており、合意に近い量を供給できることを期待している」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン2月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース