“接種1回”現時点で検討せず 自民党内で議論

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康


ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの接種回数を1回とする議論があることについて、田村厚労相は、現時点で検討していないことを明らかにした。

田村厚労相「1回打ちで国民の皆さま方にというのは、現時点では、まだ検討しているわけではない」

ファイザーのワクチンは、3週間間隔で2回接種することで薬事承認されているが、22日の自民党の会合では、1回接種が議論された。

これについて、田村厚労相は、一般論として、2回接種より発症予防効果が一定程度落ちると思うとしたうえで、データがないことから、現時点では検討していないとしている。

(FNNプライムオンライン2月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース