JR新大阪駅で検温実施へ 宣言解除でコロナ流入警戒


首都圏からの新幹線利用客に対して、JR新大阪駅で検温が実施される。

大阪府・吉村知事「警戒しないといけない期間は、3月中旬、下旬から4月上旬。そこでどうしても人は動くので、集中して実施する」

首都圏での緊急事態宣言が、21日で解除されることを受け、大阪府は、東京方面からの新幹線の利用者に対して、JR新大阪駅で検温を始める。

東京方面から「のぞみ」が到着するホームの降り口付近にサーモグラフィーが3カ所設置され、37.5度以上と測定された人には、医療機関の受診を勧めるという。

JR新大阪駅での検温は、3月22日から4月9日まで毎日行われる。

(FNNプライムオンライン3月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース