【速報】熊本でワクチン製品化始まる アストラゼネカ製 月内にも承認


イギリスのアストラゼネカ製の新型コロナワクチンの国内での製品化が、熊本でも始まった。

KMバイオロジクスは、アストラゼネカから原液の提供を受け、薬剤の瓶への充填や包装などの製品化を行うため、熊本・合志市の工場の生産ラインの一部改造などを行い、準備を進めてきた。

そして、19日から、凍結冷凍されていた原液を解凍するなどの作業を開始した。

生産量は非公表。

アストラゼネカ製のワクチンについて、厚労省は、早ければ3月中にも承認する見通し。

(FNNプライムオンライン3月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース