ドンキ 巨大イスラム市場見据えた戦略 マレーシアに初出店

国際


東南アジアの巨大市場に挑む日本のディスカウントストア。
“ドンキ流”の新戦略で顧客の獲得を狙う。

ショッピングモールの中にも伸びる長い列。
その先にあるのは...。

マレーシアの首都クアラルンプール中心部に19日、オープンしたドン・キホーテの専門店「JONETZ by DON DON DONKI Lot10ストア」。

オープン前日、招待客を招いて行われた内覧会。
おなじみの曲が流れる店内は、お菓子やコスメ、靴下など、まるで日本の品ぞろえ。

日本からの食材も豊富で、みずみずしいネギやニンジンなどの新鮮な野菜に、豊洲市場直送の本マグロなどのお刺し身まで。

鮮度を保って直送された日本の魚も並ぶ。

内覧会に訪れた人「お餅を買った。あとは靴下も。これはバスマット」

これまでシンガポールやタイなど、東南アジアへの出店を次々と進めてきた“ドンキ”。

今回のマレーシアの店舗には、ある大きな特徴がある。

イスラム教徒が人口のおよそ6割を占めるマレーシア。

今回、出店にあたり、豚由来の成分やアルコールが含まれない商品、そして、イスラム法で合法とされる「ハラール認証」を受けた商品を強化した。

内覧会に訪れた人「気に入りました。ムスリムは(ハラールでない肉は)食べられないので」、「これはハラールのマークですね。これなら買って食べられる」、「何か食べたいと思ったときはここに来て買えばいい」

PPIH・福田貴史営業本部長「マレーシアはシンガポールに次いで、アジアの経済において次のハブとなり得る国。日本人の在住の方もすごく多く、弊社のブランドがすごくマッチするということで出店を決めた」

海外事業を加速させる“ドンキ”。

マレーシアでは次のオープンも予定しており、今後、イスラム圏での事業拡大の足掛かりとしたい考え。

(FNNプライムオンライン3月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース