宮城県沖でM6.9 震度5強 津波注意報は解除


20日、宮城県で震度5強を観測する地震があり、気象庁は一時、津波注意報を出した。

気象庁・鎌谷紀子地震情報企画官「揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどの危険性が高まっていますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意してください」

気象庁によると、20日午後6時9分ごろ、宮城県沖を震源とするマグニチュード6.9の地震が発生し、最大震度5強を宮城県の登米市、大崎市など、あわせて10の市町村で観測したほか、北海道から近畿地方にかけて震度5弱から震度1を観測した。

この地震は、東日本大震災の余震とみられ、気象庁は、宮城県の沿岸に津波注意報を出したが、午後7時半に解除した。

今後、岩手、宮城、福島の沿岸で半日程度は、多少の潮位の変化があるかもしれないという。

また、東北地方では、21日から雨が強まる見込みで、今後の地震活動と雨の状況に十分注意するよう呼びかけている。

この地震で発生した停電の影響で、一部区間の運転を見合わせていた東北新幹線は、全線で運転を再開した。

また、原子力規制庁によると、福島第一原発、福島第二原発のほか、宮城県の女川原発や茨城県の東海第二原発など原子力関連施設では、今回の地震による異常は確認されていないという。

(FNNプライムオンライン3月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース