5者協議で合意 海外客受け入れ断念 東京五輪・パラリンピック

経済・ビジネス


東京オリンピック・パラリンピックでの海外からの観客の受け入れを断念することを5者協議で合意した。

組織委・橋本会長「海外観客の日本への受け入れは断念するという結論をIOC(国際オリンピック委員会)とIPC(国際パラリンピック委員会)に報告いたしました」

小池都知事「東京の観光名所や文化など、直接楽しんでいただく機会でありましたのに、こういう形になるのは大変残念であります」

政府と東京都、大会組織委員会は20日夜、IOC、IPCと5者協議を行った。

新型コロナウイルスの感染状況が厳しく、日本への自由な入国を保証することは困難だとして、海外からの観客の受け入れを断念することで合意した。

海外在住者のチケットおよそ63万枚は、払い戻すとしている。

(FNNプライムオンライン3月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース