海外からの観客“断念” 日本側とIOCなどが合意 「安全のため必要な決定」

国際


東京オリンピック・パラリンピックでの海外からの観客の受け入れを断念することを、5者協議で合意した。

政府と東京都、大会組織委員会は、20日夜、IOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)と協議を行った。

新型コロナウイルスの感染状況が厳しく、日本への自由な入国を保証することは困難だとして、海外からの観客の受け入れを断念することで合意した。

海外在住者のチケットおよそ63万枚は、払い戻すとしている。

決定を受け、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は20日、「参加者全員の安全のために必要な決定だ」としたうえで、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況では、「犠牲が必要だった」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン3月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース