全国で1119人の感染を確認 重症者数 18日連続で300人台


21日、全国で新たに1,119人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

東京都内で新たに感染が確認されたのは256人で、14日の感染者数を17人上回ったほか、70代から90代の男女4人の死亡が確認された。

宮城県では、過去2番目に多い112人の感染が確認され、このうち仙台市では、過去最多の96人となっている。

村井知事は、仙台市全域の酒類を提供する飲食店などに、3月25日から4月12日の間、午後9時までの時短営業を要請した。

山形県では、地元のプロバスケットボール選手ら8人を含む、31人の感染が確認され、過去最多となった。

また、大阪府で100人、千葉県で88人、埼玉県で79人、神奈川県で77人など、全国で1,119人の感染が確認され、死者は19人だった。

このほか、兵庫・神戸市では、変異ウイルスに感染していた1人が、市内の宿泊療養施設で死亡したと発表した。

一方、厚生労働省によると、20日までの全国の重症者数は324人で、18日連続で300人台となっている。

(FNNプライムオンライン3月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース