ディズニー 4月から運営時間延長 入園者数「1日2万人以下」に緩和


東京ディズニーランドとシーの運営時間が4月から延長され、入園者数の上限も1日2万人に緩和される。

オリエンタルランドは、3月22日現在、午前10時から午後7時までに短縮している運営時間を延長し、4月1日から18日までの間、東京ディズニーランドは午前9時から午後8時、シーは午後9時までにすると発表した。

公共交通機関の混雑回避を図るため、閉園時刻をずらして分散退園を促すとともに、普通乗用車の駐車料金を1,000円に値下げする。

また、現在1日1万人以下としている入園者数の制限を緩和し、2万人以下とする。

4月19日以降の対応については、状況を見てあらためて判断するという。

(FNNプライムオンライン3月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース