ワクチン治験開始 国内開発では3例目


国産の新型コロナウイルスワクチンの開発を進めている熊本の製薬メーカー、KMバイオロジクスが、「『不活化ワクチン』の人への臨床試験・治験を始めた」と、22日に発表した。

不活化ワクチンは、感染力をなくした病原体から作られ、国内で開発されたコロナワクチンの治験開始は3例目で、不活化としては初めてとなる。

また、変異株に対しての有効性についても、評価していくとしている。

治験は、22日から国内の複数の医療機関で、210人に対して行われ、安全性と有効性を確認し、2023年度中のワクチンの実用化を目指している。

(FNNプライムオンライン3月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース