アストラゼネカ製ワクチン 米治験で「79%の有効性」 血栓リスクは確認されず

国際


イギリスの製薬大手「アストラゼネカ」は22日、アメリカなどで行った新型コロナウイルスワクチンの治験で、79%の有効性を確認したと発表した。

アストラゼネカ製ワクチンの治験は、アメリカとチリ、ペルーで18歳以上のおよそ3万2,000人を対象に行われ、暫定結果で、発症を防ぐ有効性は79%だった。

また、65歳以上についても80%の高い有効性を確認したほか、重症化を防ぐ可能性は100%としている。

このワクチンをめぐっては、ヨーロッパで「接種後に血栓が確認された」として、接種を見合わせる国が相次いだが、今回の治験では、血栓のリスクの増加は確認されなかった。

アストラゼネカは近く、アメリカの規制当局に緊急使用許可を申請する予定。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース