中国制裁で米、EUなど連携 ウイグル人権侵害

国際


中国・新疆ウイグル自治区での人権問題をめぐり、アメリカやヨーロッパ各国などは22日、中国への制裁を発動し、足並みをそろえた。

先週開かれた米中外交トップ会談で、人権問題をめぐり、中国側と激しい応酬を繰り広げたアメリカのブリンケン国務長官は、22日の声明で、「中国政府は、新疆で大量殺りくや人権侵害を今も続けている」として、中国当局の幹部2人を制裁対象にしたと発表した。

制裁の実施は、EU(ヨーロッパ連合)やイギリス、カナダなどと連携した動きで、ブリンケン国務長官は、「中国政府の犯罪を直ちに終わらせ、多くの犠牲者のために正義を求める」と強調している。

アメリカのサキ報道官「(一連の声明は)人権の尊重を推進するために多国間で協力するという、われわれの継続的な取り組みを示すものだ」

この規模で欧米が連携するのは極めて異例で、「対中包囲網」がさらに強化された形。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース