噴火した火山のふもとでクッキング あくまで「調査」 アイスランド

国際


およそ800年ぶりに噴火した火山のふもとで、研究者らが腹ごしらえ。

真っ黒な溶岩の上でソーセージを焼いているのは、火山の現地調査に訪れた科学者たち。

時折、火の手が上がるが、笑顔でホットドッグを作っている。

ここは、アイスランド南西部の火山のふもとで、3月19日、およそ800年ぶりに噴火した場所で、あくまでも「調査」が目的。

現地当局によると、噴火の規模は小さく、近隣に差し迫った危険はないそうで、多くの人が見物や調査に訪れている。

アイスランドは世界有数の火山国で、およそ30の火山がある。

今回の噴火は首都の近くだったが、国際空港などは閉鎖されていないという。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース