河井克行被告 議員辞職を表明 主張を一転買収認める


胸に議員バッジをつけて、東京地裁に姿を見せた、元法相・河井克行被告(58)。

元法相・河井克行被告「全般的に選挙買収について争わない」

23日の被告人質問で、これまでの無罪の主張を一転させ、公職選挙法違反の買収の罪を認めた。

克行被告は2019年、妻の参院選出馬をめぐり、地元議員ら100人におよそ2,900万円を配り、買収した罪に問われ、これまで無罪を主張してきた。

23日の被告人質問では、妻との共謀などについて、一部無罪を主張したものの、起訴内容の多くを認めた。

そして、妻のことについて問われると...。

弁護士「案里さんの政治家としての資質について、どう思うか」

河井克行被告「わたしは高く評価してます。夫バカになるかもしれませんが、他人を思いやる性格を持っている」

熱く演説のように語っていた河井被告。

そして、政治進退について問われると、「衆議院議員を辞することにしました」と、議員辞職する考えを表明したが、遅すぎた決断として、野党から批判が上がっている。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース