“結婚カップル”を都が応援 協賛店で“ダイヤ”プレゼント


コロナ禍で婚姻件数が減少する中、東京都は、結婚をあと押しするある取り組みを始めた。

一生に一度の買い物。
結婚式には欠かせない、結婚指輪や純白のドレス。

東京都は、1年以内に結婚を予定しているカップルと、結婚してから1年以内のカップルが、およそ300の協賛店で得点を受けられる「TOKYOふたり結婚応援パスポート」を、22日から開始した。

発行されるパスポートを持って対象店舗に行くと、お得なサービスを受けられる。

その一部を紹介する。

ある結婚式場では、式を予約すると、20万円近いウェディングドレスをプレゼント。

別の式場では、チャペルでのプロポーズプランで花束をプレゼントするなど、結婚をあと押しするサービスが盛りだくさん。

また、ブライダルジュエリー専門店では。

鍛造指輪株式会社室長・曽我石龍之介さん「結婚指輪に、誕生石、カラーダイヤモンドを無料でセッティングしています」

1人あたり1万円相当のダイヤを、無料で提供するという。

鍛造指輪株式会社室長・曽我石龍之介さん「コロナ禍でお祝いのイベントを行うのが難しいシーンではありますが、その中で、唯一無二の指輪を作っていただき、お2人で感動していただければ」

ほかにも、ブライダルエステの割引や、通常メニューにはない新郎向けのひげ脱毛を提供するサロンも。

また、眼鏡の割引サービスや、結婚後の生活を支える家具や家電の割引など、幅広いジャンルで特典を受けられる。

実は、都民だけでなく、他県の住民も利用できるこの取り組み。

都は、結婚を希望しながらも一歩踏み出せない人のあと押しをしたいとしている。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース