コンビニ衣料品を普段着に “その場しのぎ”からの脱却


大手コンビニチェーンのファミリーマートが、衣料品をブランド化。
デザインや素材にこだわった、新しいライフスタイルを提案する。

緑と青のファミリーマートカラーの靴下や、ドット柄のタオルなどデザイン性の高い商品がずらっと並んでいる。

今まで、出張や急な泊まりなど、緊急のときのその場しのぎ感もあったコンビニ衣料品。

その常識を大きく変え、日常使いを目指す。

ファッションデザイナーを起用し、デザイン性を追求。

また素材には、オーガニックコットンを100%使用するなど、コンビニウェアでありながら、環境への配慮も実現した。

お値段も数百円からと、お手頃の価格帯。

気になる商品のラインアップは、Tシャツやソックス、キャミソールなど全51種類。

23日から、全国のファミリーマートで購入できる。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース