元夫が証言 赤堀恵美子被告の素顔 「記憶から消したい人間」


洗脳ママ友の素顔、元夫がFNNの取材に応じた。

福岡・篠栗町で5歳の男の子が餓死した事件で、カギを握る赤堀恵美子被告。

今回の事件を受け、20年前に結婚した元夫がFNNの取材に応じた。

記者「報道を見てどう思った?」
赤堀被告の元夫「(赤堀被告は)やることがむごい。悪いけど記憶から消したい人間です」

3月23日、保護責任者遺棄致死の罪で起訴された母親の碇利恵被告(39)と、ママ友の赤堀恵美子被告(48)。

いわゆる“ママ友同士”だった2人。
赤堀被告は、いくつものうそを吹き込むことで、碇被告を洗脳・支配していたとされている。

「あなたの夫が浮気をしている」という赤堀被告のうそを信じ、3人の子どもを引き取ってシングルマザーとなった碇被告。

さらに、浮気調査費や裁判費用などの名目で金をだまし取られたとみられ、その総額は約1,200万円にのぼり、消費者金融から借金をすることもあったという。

碇被告一家は、赤堀被告が差し入れするわずかな食料で生活し、三男の翔士郎ちゃん(当時5歳)は亡くなる前の月、15日以上にわたって食事を与えられず、死亡時の体重は、1歳6カ月検診の時と同じ、約10kgしかなかった。

ママ友との異常な関係によって失われた幼い命。

今回、赤堀被告の人物像について、元夫が重い口を開いた。

赤堀被告の元夫「口は確かに悪いし、うそもつくけど、まさか人んちの...」
記者「どういううそ?」
赤堀被告の元夫「全てうそですね。だって、最初の名前が『優佳』って」

2001年に結婚する前は、「優佳」と名乗っていたという赤堀被告。

結婚式費用約270万円をめぐっては、トラブルがあったと元夫は話す。

赤堀被告の元夫「お金(ご祝儀)もらうじゃないですか、それで、うちのも預けたんです。仕事に行かないといけないから、(式場にお金を)払いに行っとけって。そしたら1週間後に、結婚式場から『新婦さんご入金まだですか?』と言われた。お義母さんに『(お金を)貸してくれ』と言われた。返ってきませんよ、一銭も」

赤堀被告が突如行方をくらますまでの7年間、元夫はたびたび金を無心され、消費者金融から借金をすることもあったという。

赤堀被告の元夫「『絶対返すけ、お願い』っていう感じですよ。そういうふうに(わたしも)洗脳されよったかな。ことあるごとに、お金を俺からうまくうまく、引き出すけんですね」

赤堀被告の父親も取材に応じた。

赤堀被告の父親「しとらんことはしとらんし、自分が死んでも、しとらんことはしとらんと言え、といいたい」

これまでの調べに、赤堀被告は「子どもたちに対する母親の管理がなっていなかった」などと供述し、一貫して関与を否認。

一方の碇被告は、反省と後悔の言葉を口にしているという。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース