上海家電見本市 日本メーカーが強みアピール 中国に開発拠点設ける社も

国際


世界3大家電見本市の一つが、上海で開幕。

中国の巨大市場を狙う日本メーカーも、強みをアピール。

専用の眼鏡がなくても、自分の目で3Dの映像を見ることができるというシステム。

ソニーが最新技術を投入して出展したこのシステムは、モニターの上部に内蔵されたカメラが見ている人の目線を自動解析し、最適な形で3Dの映像を映し出す。

また、フードロス対策がとられているパナソニックの冷蔵庫は、利用者の音声解析などが可能な独自の技術で、中に入れられた食材を管理し、無駄なく食材を消費できるメニューを提案してくれる。

訪れた人は、「食品の分類や保存をする日本の技術は素晴らしい」、「こういうデジタル家電は、今後必ずはやると思う」などと話した。

パナソニックでは近年、中国の消費者ニーズに応えるため、専用の開発拠点を中国国内に設けた。

パナソニック中国・北東アジア社の呉亮常務「パナソニック全体を背負ったつもりで、しっかりと中国事業を発展させなければ」

今回の見本市には1,000社程度が参加し、日本企業ではほかにも、シャープが世界最大の8Kディスプレーを展示。

日立は、ネット通販の生中継で商品をPRした。

中国の巨大市場を狙う日本メーカーの動きは、今後、さらに活発になるとみられる。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース