コロナ禍で需要増 絵画サブスクが描く未来

経済・ビジネス


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

才能あふれる画家たちが、一枚一枚思いを込めて描き上げた作品の数々。

今の時代だからこそ求められる、アートの力に注目した。

女性を魅了する、ネット上に並ぶ絵画の数々。

日本のアート界が抱える課題の解決に期待される、新たなサービスとは。

東京都内のシェアハウスに暮らす会社員・槙原ありささん。

新型コロナウイルスの感染拡大で“おうち時間”が増える中、始めたのが“絵画”のある生活。

会社員・槙原ありささん「もともと絵が好きで、いろいろ見に行ってたりしていたけど、美術館に見に行ったり、あまりできなくなっちゃったので、そういった意味でも、いろいろ絵を楽しめる時間があっていいなと思います」

槙原さんが利用しているのは、絵画のサブスクサービス「カシエ」。

およそ900人のアーティストから預かった1万点ほどの作品を、ネット上から選択。

月額1,980円から、最大で月に1回交換することができる。

こうした絵画は、ウィズコロナ時代の今、さらに需要が高まっているという。

テレワーク中の槙原さんはこの日、机とレンタルしたアートを移動させ、オンライン会議での映り込みの背景として絵画を置いていた。

オンライン会議の参加者「普段意識せず、背景が白紙でもミーティングしていますけど、あると華やかですし、嫌な気持ちにならず、画面もきれいになるし、見てて気持ちいいなと思う」

絵画ありと絵画なしで比較しても、印象が大きく変わる。

企業のオフィスでも、季節によって飾る作品を入れ替えるなど、需要が高まっているという現代アートのサブスク。

サービスの背景には、国内のアーティストたちの埋もれた才能を発信し、キャリアを形成させていく場を作るという思いもあった。

カシエ・出原大樹CCO「アートを1つ1つの家庭に届けることはもちろん、ビジネスの現場においても、会社の中においても、アートを置けていけたならば、日本全体がアーティストを応援したり、芸術の力を今こそ見せつける時だと感じている。まさにコロナ禍で先が見えない時代だからこそ、何かアートを通して、直結する答えが出なくとも、何か自分で考えて、未来に対してポジティブに生きていけるような、そういったことが、永遠にできるように頑張っていきたい」

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース