皇位継承 有識者会議が初会合 菅首相「わかりやすく整理を」


政府は23日、安定的な皇位継承のあり方を検討する有識者会議の初会合を開いた。

菅首相「国家の基本に関わる、極めて重要な事柄です。十分に議論をし、さまざまな考え方を、わかりやすい形で整理していただきたい」

会議では、10の項目について専門家から意見を聞くことを確認した。

「男系男子が皇位を継ぐ現行制度の意義」や「女性天皇や女系天皇」の是非が含まれた。

また、「皇統に属する男系の男子の皇籍復帰」の是非もテーマとし、「皇族との養子縁組を可能にすること」あるいは「現在の皇族とは別の新たな皇族とすること」について、専門家の意見を聞く予定。

座長に選ばれた慶応義塾の清家篤前塾長は、「スケジュールありきで拙速な議論にならないように、丁寧で落ち着いた議論をしたい」と述べた。

論点の整理には数カ月かかる見通し。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース