河井克行被告「バッジがなくても政治活動を」


公職選挙法違反の罪に問われ、23日に議員辞職を表明した元法相・河井克行被告は、24日、議員バッジを外して出廷し、「政治活動は自由であるべき」と述べた。

克行被告は、妻の参院選をめぐり、地元議員らを買収した罪に問われ、無罪を主張していたが、23日の裁判で、一転して起訴内容を大筋で認め、議員辞職を表明した。

24日、議員バッジを外して出廷した河井被告は、「バッジがなくても、政治家の仕事はできる」と話したうえで、「公正公平な政治活動に不必要な萎縮効果が生じてはならない。政治活動は自由であるべき」と述べた。

また、「政治活動の延長線上に選挙運動があるのは実態としてあり、両者を切り分けるのは現実的ではない」と説明した。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース