河井被告の事件で“失言” 二階氏に批判「さすがにひどい」


河井克行被告の事件について、自民党の二階幹事長が23日、「他山の石」と発言したことに、野党だけでなく、自民党内からも批判が出ている。

自民党・二階幹事長「党としても、他山の石として、しっかり対応していかなければ」

河井被告の自民党在籍時の事件であるにもかかわらず、二階氏が「他山の石」と表現したことを、野党は厳しく批判している。

立憲民主党・安住国対委員長「自民党の起こした事件じゃないの? 当事者が他山の石というのは間違っていると思います」

一方、自民党の森山国対委員長は、「決して人ごとというふうには思っておられないんだと思います。今、自民党員ではないという意味でおっしゃりたかったのでは」と述べた。

こうした擁護の一方で、自民党内からは「さすがにひどい。自民党議員がやったことなんだから」、「あまりにも世間とずれている」といった批判の声も出ている。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース