「トムヤムクン」無形文化遺産へ タイ政府がアピール

国際


タイのスープ「トムヤムクン」を、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産にしようと、タイ政府が動き出した。

トムヤムクンは、辛味と酸味が特徴のエビ入りのスープで、「世界三大スープ」の1つにも数えられている。

タイ政府は23日、国を代表する料理のトムヤムクンを、ユネスコの無形文化遺産の候補に提案する方針を閣議決定した。

タイ文化省は、「タイ中部の農家の素朴な生活を反映した料理だ。薬効成分を持つ素材が多く含まれ、自然志向で健康にも良い」とアピールしている。

食に関連する無形文化遺産には、日本の「和食」のほか、フランス料理や地中海料理などが登録されている。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース