大学入学共通テスト 再編で「プログラミング」追加


大学入学共通テストの出題教科に、プログラミングが追加される。

大学入試センターによると、2022年度から、高校の学習指導要領が段階的に新しくなるのに合わせて、共通テストの出題教科・科目を再編するという。

再編案では、新たな教科として、プログラミングを含む「情報」を追加し、地理歴史・公民などの科目を見直して、今の6教科30科目から、7教科21科目とするという。

再編された共通テストは、2025年1月から実施され、現在の中学2年生が、最初の受験生となる。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース