外に出る唯一の道“閉鎖”橋の持ち主どんな言い分? 兵庫


兵庫・神戸市の住宅街にある橋の半分をふさぐように置かれたバリケード。

近隣住民「腹立ってますよ」、「生活するうえで、なくてはいけない橋なので」

それもそのはず。
この橋は、30軒ほどが暮らす住宅街から外に出られる、たったひとつの道。

車で出入りするには、必ずこの橋を通らなければならないが、2年前、持ち主がいることがわかった。

持ち主は、住民に月額2万円の車の通行料を求めたが、拒否される。

すると、橋を一時封鎖する事態に。

近隣住民「1カ所しかない出口をふさぐというのが、普通では考えられない」

通報を受けた警察は、持ち主に往来妨害罪の可能性があると説明している。

しかし、封鎖の理由について橋の持ち主に聞くと、「万が一、橋が落ちてけが人が出たらどうするのかと言ったら、傷害致死とか、わたしの責任になる」

老朽化した橋の修理代の協力が得られないから封鎖したという。

橋の持ち主「善意で通行させたのがあだになる可能性がある。通行料を払うくらいなら、割り勘で(住民)みなさんで共有して、神戸市に移管したほうが得でしょと」

住民に提案した橋の売却額は、1,200万円。

神戸市は、住民から相談を受けたが、強制的な差し押さえや、住民の代わりに買い取ることを否定している。

(FNNプライムオンライン3月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース