宮城で過去最多の新規感染者 全国では1900人超 新型コロナ


各地でリバウンドが懸念されている。

宮城県で1日あたりの感染者数が過去最多となるなど、24日、全国では、新たに1,921人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

東京都で感染が確認されたのは420人で、3月に入って最も多い感染者数となった。

直近7日間の新規感染者数の平均は、前の週と比べて103.6%で、12日連続で増加傾向が続いている。

一方、宮城県では、仙台市で131人の感染が確認されるなど、県として過去最多となる171人の感染が明らかになり、大阪府では、2月5日以来の200人台となる262人の感染が確認されるなど、全国でこれまでに1,921人の感染と、21人の死亡が確認されている。

また、亡くなった人のうち1人は、千葉県で変異ウイルスに感染していた80代の女性であることがわかった。

この女性は、13人の感染が確認され、変異ウイルスのクラスターとなっている昼カラの利用者と従業員のうちの1人だという。

千葉県で変異ウイルス感染者の死亡が確認されるのは、初めて。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース