スエズ運河でコンテナ船座礁 航路ふさぐ 物流混乱のおそれも

国際


エジプトのスエズ運河で、愛媛県の会社が所有するコンテナ船が座礁し、航路をふさいでいる。

スエズ運河で23日、全長400メートルの世界最大級のコンテナ船が、運河を遮る形で座礁し、多数の船舶が、運河の途中や両側の入り口で足止めされた状態になっている。

コンテナ船は、愛媛・今治市の「正栄汽船」が所有し、台湾の会社が運航している。

エジプトのスエズ運河庁は24日、砂嵐による視界不良が座礁の原因との見方を示した。

現在、タグボートがえい航作業を進めているが、AP通信は、当局者の話として、運河の航行再開には少なくとも2日かかるとの見方を伝えている。

スエズ運河は、ヨーロッパとアジアを結ぶ要衝で、座礁が長引けば、世界的な物流に混乱が生じるおそれが出てきている。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース