自動運転など商用車の分野で提携 トヨタ・日野・いすゞ

経済・ビジネス


物流業界の課題解決や温室効果ガス削減を目指し、タッグを組む。

トヨタ自動車・豊田章男社長「3社の強みを生かして、輸送の現場で困っている多くの仲間を助けることができるのでは」

トヨタ自動車と子会社の日野自動車、そして、いすゞ自動車の3社は、商用車の分野で提携し、3社による新会社を設立すると発表した。

具体的には、トヨタが持つ自動運転や電動車などの技術を活用することで、物流業界が抱える人手不足やドライバーの負担軽減などを目指すとしている。

また、商用車の輸送効率を向上させることで、温室効果ガスの排出量削減も目指す。

トヨタは、2006年にいすゞに5.89%を出資していたが、2018年には関係を解消していて、再び「資本提携」する形となる。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース