世界初「レベル3」自動運転の実力 運転主体 人からシステムへ

経済・ビジネス


車の運転が、人からシステムに移るレベル3の自動運転を体験。
その実力とは。

ホンダが3月5日に発売した新型レジェンド。

世界初となる、自動運転レベル3を実現するシステムを搭載している。

これまでのレベル2では、高速道路でハンドルを離して前方の車を追い越すことなどが可能だったが、実際にレベル3の自動運転を体験してみると。

画面に「渋滞運転機能」と表示され、これが今回のレベル3の機能になる。

高速道路で時速30km以下になるなど、さまざまな条件がそろうことで、ディスプレーが青く点灯し、自動運転機能が作動。

車間距離が詰まると、自動で減速する。

ペダルからは足が離れ、ハンドルも握っていない状態だが、正面から目線も外すことができる。

レベル3になると、周囲を常に確認する必要がなくなるため、渋滞時に映像を見ることや、ナビ操作も可能となり、渋滞の疲労やストレスを軽減することができる。

さらに、レベル2との大きな違いが、システムが作動している場合、運転の主体が切り替わることにあるという。

本田技術研究所 エグゼクティブチーフエンジニア・杉本洋一さん「レベル2までは、自動運転ではなく運転支援ということで、運転の主体はドライバー。レベル3になると、運転操作の主体がシステムになる。防止可能な人身事故を引き起こさないことを証明する必要がある。それが開発の大きな課題だった。今回は、高速道路渋滞時という限られた走行環境条件だが、この環境条件を広げていきたいということで、研究を進めている」

価格は1,100万円で、100台限定のリース専用車として販売するという。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース