中国で「H&M」の不買運動 新疆産の綿花使わないと宣言

国際


新疆ウイグル自治区の人権問題に懸念を示した「H&M」が、中国で批判を受けている。

アパレル大手の「H&M」は、新疆ウイグル自治区で人権侵害が行われているとの報道などを受け、現地で生産された綿花を使用しないと発表していた。

中国国営テレビは24日、SNSで「中国でたくさん稼いでいるにもかかわらず、中国を中傷するような企業には基本的なビジネスの倫理がない」と批判し、ネット上では、不買運動が呼びかけられている。

北京市民「(H&Mを)今後は買わないです。わたしはもっと中国ブランドを買いたい」

不買運動の呼びかけは、新疆問題で懸念を示したナイキなど、ほかのブランドにも広がっている。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース