コロナ禍の聖火リレー始まる 被災地“復興の姿”を世界へ


25日、全都道府県を121日間かけて回る、聖火リレーがスタートした。

会場を熱い空気に包み込む太鼓と舞のパフォーマンス。
1年延長になった東京オリンピックの開催に向け、25日、聖火リレーがスタートした。

スタートの地は、東日本大震災から10年を迎えた被災地・福島県。

スタート前のセレモニーでは、聖火リレー公式アンバサダーの石原さとみさん、サンドウィッチマンの2人があいさつ。

石原さとみさん「ランナーの方たちだけではなくて、多くの方が目標を持って、明るく前向きに生命力を高めて、生き抜いていってほしいなと、心から思います」

サンドウィッチマン・伊達みきおさん「世界中の方に感謝の気持ちを込めて、われわれは被災地を走りたいなと思います」

サンドウィッチマン・富澤たけしさん「きょう森さんはいないんですか?」

サンドウィッチマン・伊達みきおさん「森さんは、テレビで見てると思います」

そして、聖火皿に聖火が点火された。

第1走者は、10年前のサッカー女子ワールドカップを制し、被災地に希望を届けた、なでしこジャパンの優勝メンバーたち。

聖火チームの中には、この人の姿もあった。

元なでしこジャパンで、現在タレントとして活躍する丸山桂里奈さん。
“福島への感謝”を込めて走ったという。

元なでしこジャパン・丸山桂里奈さん「走ったあとは、すごく走りやすい芝とアスファルトが続いていたので、わたしの足裏が少し厚くなりました」

そして、聖火をつなぐトーチキス。

第2走者は、原発事故で被災した福島・広野町の高校生、大和田朝斗くん(16)。

大和田朝斗くん「実際に走れて、とてもうれしいです。世界に、福島の現状と勇気や希望を伝えたいと思います」

福島地方気象台がソメイヨシノの開花を発表した25日、一部で避難指示が続く県内の桜の名所、富岡町の桜並木にも春が訪れた。

その富岡町を走る中、トーチの火が突然消えるハプニングがあった。

駆けつけたスタッフが、ランタンの火を点火し、すぐにリカバリー。

福島・いわき市のリレー区間では、この町ゆかりの映画「フラガール」に出演し、いわき市を「第2の故郷」と話す、南海キャンディーズのしずちゃんが、第1走者として参加した。

南海キャンディーズ・しずちゃんさん「むちゃくちゃ楽しかったです。距離としては短くあっという間だったんですけど、すごくワクワクした時間でした」

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース