【独自】アマゾン配達員 驚きの行動 荷物放り投げ 悪質“置き配”


巣ごもり需要で、「置き配」が広がる中、配達員の信じられない行動が明らかに。

一部始終を、防犯カメラがとらえていた。

FNNが独自に入手した、防犯カメラの映像。

映っていたのは、アマゾンの配達員の目を疑う行動だった。

客の荷物を地面にたたきつけたかと思えば、自ら拾った。

さらに、荷物を投げるように、玄関先へ置き配。

すると...。

利用者「おい! 俺のところでドンって鳴ったよな? ここから」

アマゾン配達員「何がですか?」

利用者「今、そこに放り投げていたやろ?」

アマゾン配達員「してないです」

コロナ禍の巣ごもりで、配送業務が急増しているアマゾン。

その配達員の驚きの行動が明らかになった。

24日午後7時半ごろの京都府内の団地に、1台の車が現れた。

荷物を届けにやってきた、アマゾンの配達の車とみられる。

突然、「ドン」という物音が響き渡ってきた。

音が次第に大きくなった次の瞬間、配達員は手に持っていた荷物を放り投げた。

防犯カメラに収録された音が、荷物を投げるものだとすると、アマゾンの配達員は、少なくとも4回、放り投げていたことになる。

その後、投げた荷物を自ら拾うと、届け先がわからないのか、団地内をうろうろと歩き始めた。

荷物を届ける部屋を、ようやく見つけた配達員。

着ているジャンパーの背中には、アマゾンのロゴがついていた。

そして、玄関先にあった置き配ボックスの上に、荷物を乱暴にポイと投げた。

すると、大きな物音を不審に思った届け先の住民が、家から出てきた。

利用者「おい! 俺のところでドンって鳴ったよな? ここから」

アマゾン配達員「何がですか?」

利用者「今、そこに放り投げていたやろ」

アマゾン配達員「してないです」

配達員は、何度問いただしても、荷物を投げたことを否定した。

結局、荷物を投げたことを認めず、逃げるように帰っていったという。

荷物の中に入っていたのは、およそ1,000円の電子機器。

幸い故障はしていなかったが、アマゾンカスタマーサービスに連絡した。

街の人に、この映像を見てもらうと、「えぇー、最悪ですね」、「やばい、やばい。自分が頼んだのがそうだったら怖い」などといった声が。

アマゾンジャパンは、FNNの取材に対し、「このような行為は容認しておらず、該当の配送ドライバーに対し、適切な措置を講じています」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン3月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース