2カ月遅れ「歌会始の儀」 お題は「実」 フェイスシールド着用し


新型コロナウイルスの影響で延期となっていた、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が皇居で行われ、出席者の一部はオンラインで参加した。

歌会始の儀は、感染拡大により、およそ2カ月延期され、宮殿で初めてフェイスシールドとアクリル板が使用された。

入選者の一部は、オンラインで参加し、天皇皇后両陛下や皇族方の前で詠み上げられた。

2021年の歌会始のお題は「実」で、皇后さまは、感染拡大により、大きく変わった日常の中、変わらない自然の力を詠まれた。

「感染の 収まりゆくをひた願ひ 出で立つ園に梅の実あをし」

最後に、感染症の収束を願われる陛下の和歌が詠み上げられた。

「人々の 願ひと努力が実を結び 平けき世の到るを祈る」

2022年のお題は「窓」で、3月26日から9月末まで受け付けられる。

(FNNプライムオンライン3月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース