子ども1人に“10万円” コロナ禍出産を応援


子ども1人につき、10万円分の育児用品や子育てサービスなどを受け取れる、東京都の出産応援事業が4月から始まる。

東京都によると、2020年4月から10月の都内の妊娠届け出数は、前の年の同じ期より1割少ない、およそ6万件で、コロナ禍で減少したとみられている。

都は、出産を応援するために、2021年1月1日から2023年3月31日までの間に出産した世帯を対象に、10万円分のギフトカードを配布するという。

専用のサイトに申し込むと、おむつ、ミルク、ベビーカーなどの育児用品や、ベビーシッター、家事代行などのサービスを申し込むことができる。

(FNNプライムオンライン3月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース