「サンドウィッチマン」伊達みきおさん、膀胱がん 早期発見で手術「無事に生還」


お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(46)が、膀胱(ぼうこう)がんで手術していたことを明かした。

サンドウィッチマンの伊達みきおさんが、26日午後、自身のブログで、膀胱がんであることを公表した。

伊達みきおさんのブログより「さて、私事ですが...先日、約1週間の入院をしておりました。先月のある日の朝、血尿が出ました...。少し赤いとかではなく、完全に鮮血でした。」

異変を感じた夜、伊達さんは、病院へ向かったという。

伊達みきおさんのブログより「CT検査をしても何もなく...。だとすると、膀胱だと。数日後、膀胱にカメラを入れて検査をすると2センチ程の腫瘍が見つかりました。この腫瘍は手術して切除しないといけないとなり、日を改めて入院。翌日に内視鏡手術。病名は『膀胱癌』」

早期発見できたこともあり、見つかったがんは、「ステージ1」だったという。

腫瘍の根も浅く、手術により、すでに切除したとのこと。

25日は、相方の富澤たけしさん(46)とともに、聖火リレーのスタートセレモニーに参加していた伊達さん。
元気な姿を見せていた。

伊達さん「世界中の方に感謝の気持ちを込めて、われわれは被災地を走りたいなと思います」

富澤さん「森さんはいない?」

伊達さん「森さんはテレビで見てると思います」

息の合った漫才そのままの掛け合いで、会場を沸かせていた。

伊達さん「ぜひ、きれいになった被災地も見ていただきたいですし、まだ立ち入ることのできないところも実際ございます」

ブログには、自身の入院中の写真を載せて、ファンにメッセージを送った。

伊達みきおさんのブログより(原文ママ)「『癌』と言われ、かなり焦りましたが...何よりも発見が早く、無事に生還しました!」、「病院のご飯も美味しく堪能しました。デザートにメロンとかも出るし(笑)痛みのない血尿は身体からの大きなサインです。」、「でも、放置しておくと手遅れになり大変な手術をしなければならない状況になってしまいます。」、「全く元気に復活しておりますので大丈夫です。皆さんも、血尿が出たら迷わず病院へ行きましょう!」

伊達さんは、今後は3カ月に一度、膀胱検査で経過を見ていくとのこと。

(FNNプライムオンライン3月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース