話題の“巨大ザル”に異変 人気者に何が起こった? タイ

国際


タイ・バンコクの市場。

店に居座るのは、丸々と太ったヘビー級のオスのサル。
名前は、「ゴジラ」。

前の飼い主に捨てられたところ、屋台の店主に拾われた。

そして、その姿がインターネットで話題に。

ごはんもぺロリ。
ダイエットのために運動も。

市場に来た客から餌をもらい続けたため、こんなに太ってしまったんだとか。

そんなゴジラに異変が起きたという。

店に行ってみると、ゴジラの姿が見当たらない。

飼い主の家族は、「ゴジラは、さっき来た政府の人に連れて行かれたんだ」と話す。

いったいなぜ、政府が動いたのかというと...。

飼い主の家族「(ゴジラが連れて行かれた理由は?)わからない。肥満が理由かもしれない」

実は、タイでは、サルの餌付けが社会問題になっている。

これまでも、太りすぎたサルを保護し、ダイエットさせたこともあった。

現在、ゴジラは、政府の保護施設で、野生に返るため、運動に加えて、キャベツダイエットに励んでいるという。

(FNNプライムオンライン3月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース