ダイソー“オシャレ雑貨”の新業態 300円中心に多様な価格帯

経済・ビジネス


「ちょっといいを届ける」。
100円ショップを展開する「ダイソー」の新しい提案。

100円ショップ「ダイソー」の新業態の店舗「スタンダードプロダクツ」が26日、東京・渋谷にオープンした。

落ち着いた雰囲気の店内には、食器やキッチン雑貨、リビング用品にガーデニング用品など、およそ1,300点の雑貨が並んでいる。

ダイソーといえば、100円均一が特徴だが、新業態の商品を見てみると、300円の食器に、500円や700円の収納ボックス、テントや飯ごうは1,000円と300円を中心にしたさまざまな価格帯となっている。

大創産業 総務部 広報課・後藤晃一課長「価格帯が変わることによって、より扱える商品の幅が変わるので、お客さまにとって、より良い商品の提供ができると考えている」

また、質やデザインにも違いが。

オーガニックコットンを優しく織ることで、肌触りの良さを追求したタオルや、金属洋食器の製造で有名な新潟・燕市で作られているカトラリー。

おうち時間が増えた今、“よりよいものを長く使いたい”というニーズが高まっているという。

大創産業 総務部 広報課・後藤晃一課長「トータルで、色合いや統一感を持って、ライフスタイルの提案という形で商品を開発しているので、生活の楽しみを持った方、こだわりを持った方に、ぜひ手にとっていただいて質感を確かめていただきたいと考えている」

スタンダードプロダクツの商品は、今後、オンラインでも購入できるよう検討していくという。

(FNNプライムオンライン3月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース