新規感染 全国で2000人超 大阪300人 東京376人


26日、全国で新たに2,026人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。

2,000人を超えるのは、2月6日以来。

26日、東京都では新たに376人の感染が確認され、4日連続で300人を超えた。

また、大阪府では緊急事態宣言解除後で最多となる300人の感染が確認された。

300人を上回るのは、およそ2カ月ぶり。

大阪府は、大阪市内の時短要請を4月21日まで延長、4月1日からは、府内全域に拡大することを決めた。

一方、宮城県では153人の感染が確認され、3日連続で150人を超えた。

仙台市は、公共施設を原則休館とし、市民への利用の自粛を呼びかけている。

このほか、沖縄県では89人の感染が確認され、3月1日に県独自の緊急事態宣言が解除されて以降、最も多くなった。

玉城知事は26日夜、飲食店の感染対策の確認のため、繁華街を巡回した。

26日、全国では2,026人の感染と33人の死亡が確認された。

また、25日までの全国の重症者は323人で、23日連続で300人台となっている。

(FNNプライムオンライン3月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース