製造拠点 新たに承認 EUがワクチン供給加速

国際


EU(ヨーロッパ連合)の規制当局は、EU域内の2カ所の工場で、新型コロナウイルスのワクチンを製造することを新たに承認した。

供給を加速させる狙い。

ヨーロッパ医薬品庁が26日、ワクチン製造を新たに承認したのは、アストラゼネカのオランダにある下請け会社の工場。

この工場で製造されたワクチンをめぐっては、イギリスが輸出を要請したのに対しEUが拒否したと、ロイター通信などが報じていて、ワクチン輸出をめぐる両者の対立の火種となっていた。

さらに、このほかに承認したのは、ファイザーとワクチンを共同開発した、ビオンテックのドイツにある工場。

EUは、ワクチン供給に遅れが出ていることから、EU域内での生産能力を向上させ、供給を加速させる狙いがある。

(FNNプライムオンライン3月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース