米・バイデン大統領 ミャンマー軍 弾圧「言語道断」

国際


ミャンマー軍による弾圧で、多くの市民が死亡したことを受け、アメリカのバイデン大統領は28日、「言語道断だ」と非難した。

バイデン大統領「あまりにひどいことで、言語道断。報告では、多くの人々が意味もなく殺された」

バイデン大統領は、「多くの人々が殺された」との報告を受けたとしたうえで、制裁を含む対応策について、検討を進めていることを明らかにした。

一方、現地からの情報によると、ミャンマー国軍は、南東部のカイン州で、少数民族カレン族の武装勢力から攻撃を受けたとして、27日から複数回、報復の空爆を行った。

地元の団体は、これまでに3,000人以上が、隣国タイに避難したとしている。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース