東京でワクチンクーポン発送 高齢者向け ワクチン第7便到着


新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの接種が、東京で最も早く始まる八王子市では、29日からクーポン券の発送が始まった。

クーポン券には、ワクチン接種を予約する際に必要な受付番号などが記載されていて、八王子市内では、65歳以上の高齢者およそ16万人が対象になっている。

29日、市が委託した会社が袋詰めしたクーポン券が郵便局へ持ち込まれ、発送が始まった。

八王子市保健所・渡邉洋子所長「準備がかなりしっかり整った段階で、都内の中で一番に接種できるということは、自信を持って受け止めている。予防できる1つの大切な武器がワクチンなので、大変期待している」

八王子市は、4月5日から、電話かインターネットでワクチン接種の予約を先着順で受け付け、翌週から、市役所などで1日あたり200人から250人の接種を行う予定。

新型コロナウイルスのワクチン第7便が、29日午前、ベルギーから成田空港に到着した。

今回のファイザー社製のワクチンは、およそ141万回分の量になる。

4月12日には高齢者向けの接種が始まる予定だが、政府は、来週には各都道府県に2箱ずつ、人口の多い、東京都・神奈川県・大阪府には4箱ずつ、全国であわせて100箱を出荷し、その後も出荷を続ける予定。

厚生労働省によると、ワクチンは3月26日までに、82万回余り接種されている。

(FNNプライムオンライン3月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース